ゼロイチ

WordpressやWEB技術ネタ

Mac

Macでダイアログをキーボード入力で操作する方法

投稿日:2016年8月5日 更新日:

Macでダイアログをキーボード入力で操作する方法について解説します。

ショートカットを自在に扱える人=仕事ができる人と個人的には思っています。ショートカットに興味を持ち、より効率的に仕事をしようという人は尊敬できます。

記事を書いたり、画像を編集したりしているとたまに出てくるダイアログ。毎回ポチポチとマウスで消してませんか?せっかくキーボードに両手を置いているのに、わざわざマウスまで手を持って行きたくないですよね。

そんなときはキーボードのショートカットを使いましょう。

ショートカットを軽視する人は、「たかが数秒の違いでしょ。」なんて言いますが、数秒の積み重ねは後に大きな差になってきます。かといって、全てのショートカットをリストにして暗記しても一気には覚えられないので、気になった時に必ず調べるようにしましょう。

Macでダイアログをショートカットで操作する

それでは手順を見ていきましょう。

システム環境設定

左上のリンゴマーク>システム環境設定をクリックします。

【キーボード】を選択します。

【ショートカット】タブを選択します。下部の【全てのコントロール】を選択します。設定が完了したらシステム環境設定のウィンドウを閉じます。

ショートカットの動作確認

それでは動作確認してみましょう。【tab】キーを押下することで【OK】、【キャンセル】を選択できるようになっているはずです。

適当なjavascriptの実行コードを用意します。

<script>// <![CDATA[
confirm(‘モミモミしてもよろしいですか?’)
// ]]></script>

以下のようなダイアログがでます。

初期状態のフォーカスは、【このページでこれ以上ダイアログボックスを生成しない】が選択されています。これは2回以上、同じドメインでダイアログを表示した場合表示される設定です。「もう見たくないよ」という場合はチェックを入れます。ちなみにチェックボックスは【スペースキー】を押すことでチェックの有り無しが切替できます。

それでは本題のtabを押してみます。

想定通り次の選択肢【キャンセル】に移動しました。さらに【tab】キーを押下すると…

【OK】に移動しました。バッチリですね。決定する場合は、【スペース】を押下します。

「あれ、enterじゃねえのかよ。」と思われた方!実は違うんです。

enterだとデフォルトで青くなっているボタンを押下することになってしまいます。ここでは【OK】ボタンですね。tabボタンで切り替えをした選択肢を実行する場合は、【スペース】を押下してください。

解説は以上です!

まとめ

使えるようになるまでの設定は非常にシンプルなのでスグ設定は可能です。操作方法に少しミソがあるので注意ですね。いつもの【enter】ではなく【スペース】に注意しましょう。

これからダイアログが出てきても、タタタンタタン!で解決ですね。

 

PR

PR

-Mac
-

管理人

関連記事

【Mac】ショートカットキーでウィンドウを移動・リサイズするアプリ-Spectacle

WindowsにはWindowsキー+方向キーでウィンドウの位置を操作できますが、Macにはデフォルトではウィンドウ操作機能は備わっていません。 そこでMacでもキーボード操作でウィンドウ操作ができる …

誰でも最初はMac初心者☆スグにできるAppleID作成方法

AppleIDはApple製品ユーザーにとってはなくてはならないものです。Apple製品ではアプリケーションをダウンロードするときは、基本的にはAppStoreからダウンロードする流れになっています。 …

味気ないスクショにサヨナラ!無料画像編集ソフトSkitch

スクリーンショットを撮って、画像を加工して、解説をつけるーーー ブロガーなら避けては通れない作業であり、1記事書くのにも絶対一回は使うであろうツールが画像加工ツールです。 数ある画像編集ツールのなかで …

使いこなせてる?スティッキーズってホントすてっきー![Macアプリ]

Macユーザーの強い味方【スティッキーズ】。Windowsでいう付箋アプリですね。ちょっとしたメモ代わりには最適のアプリケーションです。 僕は長いことWindowsユーザーで、Macのことはスタバのシ …

Macで隠しファイルをFinder上で表示/非表示にする方法

Macではシステムに関わるようなファイルなどの重要なファイルに関しては、ユーザーが誤ってファイルを操作しないようにデフォルトでは非表示設定になっています。隠しファイルは、不可視ファイルとも呼ばれます。 …