ゼロイチ

WordpressやWEB技術ネタ

Wordpress

リンク切れを見逃さない!Broken Link Checkerのインストール方法[WordPressプラグイン]

投稿日:2016年7月30日 更新日:

ブログをしばらく運営していくと自然にリンク切れが出てしまいます。いろいろな事情でURLを変更したり、サイトを閉鎖したりは仕方がないことだと思います。しかし、その変更になったリンクを放置していたままではいけません。せっかくいい記事を書いて、読み進めてもらってもリンクが切れていては記事の信頼度は下がってしまいます。

しかし、いつリンク切れが発生するかなんて誰にも予測できません。記事作成で忙しいのに、過去の記事のリンク切れをチェックしている時間なんてありません。もちろんSEO的にも良くないので、早めの対処が必要です。

そんな悩みを解消してくれるのが、Wordpressプラグイン【Broken Link Checker】です。

Broken Link Checkerをインストールしておけば、定期的にリンク切れを通知してくれます。

Broken Link Checkerのインストール手順

まずは、Wordpress管理画面にアクセスし、左メニューのプラグイン>新規追加をクリックします。

プラグイン検索ボックスに【Broken Link Checker】と入力しエンター。

検索結果からBroken Link Checkerの【今すぐインストール】をクリックします。*本サイトは既にインストール済なので、【インストール済み】という文言になっています。

プラグインをインストールしたら、【プラグインを有効化】をクリックします。

有効化されるとBroken Link Checkerの実行結果がダッシュボードに表示されるようになります。設定は変更しなくても、デフォルトのままで十分機能します。

リンク切れを検知するとどうなる?

リンクエラーが発見されると、サイトの管理画面のダッシュボードに告知されています。また、同様にツール>リンクエラーにも告知されます。下の例では6件のリンクエラーが発生しています。

リンクエラーをクリックすると検知したエラーの一覧画面に遷移します。ステータスには「404 Not Found」「サーバーが見つかりません」などのメッセージが表示されます。

リンク切れのテキストに関しては、打ち消し線(こんな感じ)を自動で入れてくれて、リンク切れであることをユーザーに知らせてくれます。

リンク切れ項目にフォーカスをあてると、そのリンクに対する対処法を選択することができます。

以下のいずれかを選択してエラーを解消しましょう。

  1. URLを編集・・・URLを正しい編集してリンク切れを解消します。
  2. リンク解除・・・すべての投稿からこのリンクを削除します。
  3. リンクエラーでない・・・このリンクを壊れたリンクのリストから削除して正常なリンクとみなします。
  4. 無視・・・個のリンクを非表示にしステータスが変わるまで報告しないようにします。
  5. 再確認・・・リンクが現在も無効かどうかリクエストを送り再確認します。

Broken Link Checkerを有効化するとサイトが重くなる!?

設定した間隔で定期的にサイト内をチェックする処理が走るため、サイトが重くなる場合があります。

対策としては、定期的なリンクチェックの間隔を長めに設定しておき、リンクチェックを手動で行うなどの方法があります。手動でリンクチェックを行う方法は、管理画面の左メニュー>ツール>リンクエラーをチェックをクリックすることで実行できます。

また、プラグインの高度な設定タブで【サーバー負荷の制限】という項目があるので、上級者のかたはこちらで設定しても良いです。ちなみにぼくはそこまで詳しくないので、後々最適な設定が分かったら追記します。

PR

PR

-Wordpress
-,

管理人

関連記事

WordPressのリダイレクトはプラグインRedirectionを使おう

WordPressでサイトを運営していたら、やむを得ずリダイレクト処理を入れなければならない場面もあります。ページURLが変わったのを、そのまま放置していたら、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても …

アイキャッチ自動生成プラグインAuto Post Thumbnailのインストール手順

WordPressブログ運営において、デザインやプラグイン設定など、一度決めたらしばらく変更のない作業とは違い、記事作成は毎日作業しなくてはなりません。こんなことを言うと、夢のない話かもしれませんが、 …

画像を自動で圧縮してくれるプラグイン-EWWW Image Optimizer [WordPress]

サイトを運営するにあたって意識しなければならないのは、ページの表示スピードです。せっかくユーザーさんがサイトに訪問してくれても、中々内容が表示されないと印象はよくありません。 「重いサイトだな。表示に …

WordPress-新規投稿をデフォルトで非公開に設定するプラグイン RA – New Post Auto Set Status “Private”

新規記事を書くとき、スラスラーと書き上げて「ハイ、公開!」なんて人は少ないと思います。 少しずつ刻んで記事のボリュームを増やしていったり、作業を中断せざるを得ない場合など、ひとまず「非公開」設定にして …

WordPressでサイトURLからサブディレクトリ(/WP)を削除する方法

WordPressをインストールした際、サブディレクトリ(/wpなど)にインストールするとサイトURLにもサブディレクトリ名が付与されてしまいます(サイトURL/wp)。URLを短く端的に表現したい管 …