ゼロイチ

WordpressやWEB技術ネタ

WEBサービス

Googleサーチコンソールの登録方法(旧ウェブマスターツール)

投稿日:2016年7月20日 更新日:

恥ずかしながらワタクシ、GoogleウェブマスターツールがGoogleサーチコンソールへと名称変更があったことを存じ上げませんでした。常にサイト運営に携わっていなければ、どんどん知識が古くなっていきます。決まったルーティーンばかりではあきませんね!!

 

それでは改めまして、Googleサーチコンソールとは、サイト管理者向けのサービスです。サイトの構造情報や更新情報をGoogleに知らせたり、Google検索エンジンのクロール状況をこちらにお知らせしてくれたり、サイトを公開するにあたってGoogle検索の親和性を高める重要な手段です。

Googleアカウントをまだお持ちでない方は、3分で登録可能!Googleアカウント作成と削除手順からアカウントを作成してください。

まずは、サーチコンソールにアクセスします。(まだURLはwebmasterとtoolが入っているようです。)

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

再度パスワードを求められるので、Googleアカウントのパスワードを入力します。

サーチコンソールの管理画面にログインできました。

サイトのURLを入力し、【プロパティを追加】をクリックします。

サイトの所有権の確認をします。事前に同Googleアカウントで取得したGoogleAnalyticsのコードをサイトに埋め込んでおけば承認できます。その他の方法として、「メタタグを埋め込む」「確認用HTMLファイルを指定ディレクトにアップロード」するなどの方法があります。

準備ができたら【確認】をクリックします。

問題がなければ、所有権の確認が完了します。

 

 

まず始めにすることはsitemap.xmlを作成することです。

ダッシュボードに移動すると、サイトマップがありませんと表示されていると思います。サイトマップをGoogle側に知らせることで、自サイトの正確な情報をクローラに認識してもらうことができます。

sitemap.xmlの作成については、以下のサービスを使うと簡単です。

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

特別なこだわりがない場合は、URLを入力して【サイトマップ作成】をクリックすればすぐにsitemap.xmlが作成されダウンロード可能になります。ダウンロードしたsitemap.xmlを自サイトのディレクトリにFTPアップロードします。

Googleサーチコンソールのダッシュボードに戻ります。

左メニューのクロール>サイトマップを選択します。

【サイトマップの追加/テスト】をクリックします。

アップロードしてsitemap.xmlのURLを入力し、【送信】をクリックします。正常に認識されれば作業は完了です。

以上です。おつかれさまでした!

PR

PR

-WEBサービス
-,

管理人

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Amazonアソシエイトの登録方法

Amazonアソシエイトの登録方法について解説します。 目次1 Amazonアソシエイトとは?2 Amazonアソシエイト登録方法2.1 アカウント認証 Amazonアソシエイトとは? Amazonア …

Googleアナリティクスのアカウント登録からトラッキングコード取得まで

運用しているサイトにどれくらいのユーザさんが来てくれているか気になりますよね。訪問してくれた数字をカウントしてくれるのがGoogle アナリティクスです。 サイトを立ち上げたら最初に設定しておきたいW …

初心者大歓迎!インフォトップの登録方法!

  ブログ運営で収益を上げる方法として、人気の手法はアフィリエイトです。 情報商材系のアフィリエイトを行うなら、信頼度の高いインフォトップをおすすめします。ほとんどのアフィリエイターがインフ …

今からでは遅い!でもやらないよりマシ!Twitterの始め方。

SNSに完全に乗り遅れてしまい、今更Twitterを始めるなんてカッコ悪い。。。 そんなことありません!やらないほうがカッコ悪いです。とりあえずアカウントは作っておきましょう。つぶやかなくても大丈夫で …

一歩を踏み出せ!GitHubアカウント登録方法!

自分の書いたプログラムが、顔も知らないエンジニアの役に立つかも? Web上にソースコードを公開することができるサービス「GitHub」のアカウント登録について解説していきます。 アカウント登録 Git …