ゼロイチ

WordpressやWEB技術ネタ

Wordpress ツール

[WordPress]ファビコン(favicon.ico)を設置する方法

投稿日:2016年7月20日 更新日:

WordPressサイトを立ち上げるときに、やるべき作業というのはたくさんありますよね。

プラグインインストールやGoogleAnalytics設定やSNS登録など、盛り沢山で大変ですが、ひとつひとつこなすことでサイトがパワーアップしているので引き続きがんばっていきましょう。

今回はファビコンの設定についてです。

ファビコンとは、Webブラウザのブックマークバーやタブに表示されるアイコンのことです。Favorite Icon(直訳:お気に入りのアイコン)の略で、サイト内のコンテンツを画像一つで表したものになりますので、印象的かつ伝わりやすいデザインが良いでしょう。

常にユーザーの目に触れるブックマークバーやタブに表示されるものなので、面倒臭がらず「とりあえず簡単なものを設定する」程度でも全く設定しないよりは全然OKです。ちなみに設定しないと

こんな感じで表示されてしまいます。なんだか手を抜いた印象になってしまいますね。

それでは、作業に移ります。

ファビコンを作成する

まず、ファビコンに設定する画像を用意しましょう。

ファビコンの作成方法については後日記事にしますが、とりあえず今回は設定メインで解説します。サイズは32px✕32pxで良いでしょう。以下のようなファビコン作成サービスを利用すると便利です。

ファビコン favicon.icoを作ろう!

使い方は簡単で、指定のサイズの画像をアップロードし、【favicon.ico作成】ボタンをクリックします。作成されたファビコンをダウンロードすればOKです。

次に、FTPでファビコンをアップロードします。アップロードにはFTPソフトを使うか、レンタルサーバのファイルマネージャーからアップロードします。

 

アップロード先はWordpressをインストールしたディレクトリです。Wordpressでの最上位階層であり、wp-contentフォルダやwp-config.phpがある階層です。

 

アップロードが完了したら、次はソースコードを変更します。

WordPress管理画面の外観>テーマの変更をクリックします。

header.phpをクリックします。

以下のソースコードをheadタグ内にコピー&ペーストします。設置する場所について、特に決まりはありませんが、headタグ内後方で良いでしょう。

<link rel=”shortcut icon” href=”<?php echo site_url(); ?>/favicon.ico” />

設置ができたら【ファイルを更新】をクリックします。

以上で設定は完了です。

おつかれさまでした!

PR

PR

-Wordpress, ツール
-

管理人

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NURO光の付帯サービス【カスペルスキー】の導入手順

NURO光を申し込むと付いてくる標準装備のセキュリティサービス【カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ】の導入方法を解説します。 目次1 そもそもカスペルスキーとは2 事前に確認すべきこ …

キーワード変換機能に不満があるならGoogle日本語入力の一択

どっぷりWindowsユーザーだった僕が、今ではすっかりMacユーザーとしてMacの記事とか書いちゃってたりします。 ですが、どうしても気に入らないツール。それは【ライブ変換機能】です。ずっとこの機能 …

Atomをインストール後、起動したら真っ白の場合の原因と対処法

Atomインストール→一旦起動→閉じる→ゴニョゴニョ→起動という手順をすると下の画面のように真っ白になっちゃいました。 「あれま!ウチのAtomちゃんご機嫌ナナメね!これが巷で噂の起動の遅さなのかしら …

Googleアドセンス最適化!「Accelerated Mobile Pages(AMP)を取得しましょう」に対応する手順

アドセンスの管理画面に最適化が表示されていました。以前に対応した項目とは別の内容だったので早速対応してみました。 今回表示されていたのは以下のような文言でした。 Accelerated Mobile …

自動で目次作成!WordPressプラグイン Table of Contents Plusのインストール・設定

記事をいかに見やすく書くかはブロガーの命題です。段落の区切りや全体の構成など考えられる手段は多くあります。その中でも一番読者の目に触れやすいのが、記事の目次です。 この記事はいったい何について書かれて …