ゼロイチ

WordpressやWEB技術ネタ

Git

cases

投稿日:

pushしようとしたら、リモートと競合する差分があり、エラーが出た

1.リモートのレポジトリをPULL。→エラー
2.エディタで差分を確認・編集
3.git add → git commint
4.git push

branchをマージしようとしたら、競合する差分があり、エラーが出た

1.branchをマージ→エラー
2.エディタで差分を確認・編集
3.git add → git commint
4.git push

rebaseでマージする

競合する差分が想定されるbranchを指定して、先に競合を確認修正する

1.git rebase {マージしたいbranch}
2.エディタで差分を確認・編集
3.git add
4.git rebase –continue (rebaseの時のcommitみたいなもの)
5.マージしたいbranchへcheckoutし、branchをマージする
(先に競合を解決しているのでfast-forwardできる)

pullする時の対応

リモートからpullするときに競合や差分が見込まれる場合、
いきなりpullして競合を解決しなくても、いったんFETCHでFETCH_HEADブランチを
作成してから、FETCH_HEADをmasterにマージしてもいい。

pushする時の対応

リモートリポジトリにpushするときは、
基本、pushしたブランチがfast-forwardマージされるようにしておく

・pullというのは内部でfetch + merge
・fast-forwardマージ→後から上書きすること
fast-forwardができるときにでもnonfast-forwardを実施するとログが残る

PR

PR

-Git

管理人

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

command memo

目次1 コミット、修正、取消し1.1 commit1.2 revert1.3 reset2 リモート操作2.1 clone2.2 push2.3 pull2.4 remote3 ブランチ操作3.1 b …