ゼロイチ

WordpressやWEB技術ネタ

Wordpress 開発

「下書きをプレビューする権限がありません。」→ありますよ?【WordPress】

投稿日:

WordPressで記事を編集し、さてそろそろレイアウトを確認しようかな。プレビューボタンをポチッとな。

下書きをプレビューする権限がありません。

いやいや権限はありますよ!だって登録ユーザって私だけだもん!って状況になっていますか?なっていますね

それではちゃちゃっと直しちゃいましょう!

 

WordPressアドレスとサイトアドレスを別に設定している場合

WordPressアドレスとはWordpressをインストールしたディレクトリです。サイトアドレスとは表示用のURLです。Wordpress管理画面の設定>一般から確認ができます。

このサイトを例にすると以下のようになります。

これは初期インストール時に、サイトアドレスが/wp/付きの状態で一旦でインストールされており、その際Cookieはパスが/wp/付きで保存されます。Cookieは指定したパス(/wp/)が異なれば使用できません。なので、後でURLから/wp/を削除すると、/wp/有りでキャッシュしていた情報が/wp/無しで使えないというのが原因です。

というわけで原因はCookieの問題です。Cookieを削除しましょう。とは言ってもすべてのCookieを削除するのははばかられます。他のサイトのログイン情報など消してしまうといろいろ不便が起こるので、対象のサイトだけCookieを削除しましょう。

具体的なCookie削除方法は以下を参考にしてください。

ChromeのCookieを個別に削除する2つの方法。設定画面から or デベロッパーツールから

削除が完了したら再度ログインし、プレビューを確認してください。ちゃんとプレビューが表示されていると思います。

まとめ

以上で「下書きをプレビューする権限がありません。」の解消方法についての解説を終わります。

他にもwp-config.phpを修正する方法がありますが、上記の対応だけで十分修正されると思います。

もし解決しない場合はお気軽にご相談ください。

PR

PR

-Wordpress, 開発

管理人

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPress-新規投稿をデフォルトで非公開に設定するプラグイン RA – New Post Auto Set Status “Private”

新規記事を書くとき、スラスラーと書き上げて「ハイ、公開!」なんて人は少ないと思います。 少しずつ刻んで記事のボリュームを増やしていったり、作業を中断せざるを得ない場合など、ひとまず「非公開」設定にして …

WordPressのリダイレクトはプラグインRedirectionを使おう

WordPressでサイトを運営していたら、やむを得ずリダイレクト処理を入れなければならない場面もあります。ページURLが変わったのを、そのまま放置していたら、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても …

サイトマップを自動生成!Google XML Sitemapsのインストールと設定手順

サイトマップを用意することは検索エンジンに対して自サイトの情報を正確に伝えるために必要なことです。 しかし、サイトマップはXML形式のファイルであり、編集するにはある程度の知識が必要です。また、知識が …

WP Multibyte Patchってナニ?どうしたらいい?デフォルトプラグインについて調べてみた【WordPress】

WordPress(version 4.7.4)をインストールするとデフォルトでインストールされているプラグインがいくつかあります。その中で【WP Multibyte Patch】というプラグインがあ …

CSSスプライト用の画像を簡単に作成できるCSS Sprite Generatorが便利

サイト高速表示のために使える技術は全て導入すべきです。高速化技術の中でもメジャーなのがCSSスプライトです。 でも、CSSスプライト用の画像を作成するのって大変ですよね。 間隔調整とかも大変ですが、画 …