ゼロイチ

WordpressやWEB技術ネタ

ニュース

将棋の最多連勝記録保持者 神谷広志棋士ってどんな棋士?

投稿日:2017年6月14日 更新日:

最近注目を集めている将棋界。その中で一躍脚光を浴びているのが藤井聡太四段(14)です。

 

デビューしたばかりの藤井聡太四段が連勝記録を伸ばし続けているのが注目を集める要因。プロデビュー後の連勝記録(10連勝)を軽々と抜き去り新記録を打ち立てると、勢いはとどまるところを知らず、公式戦の連勝記録にあと少しの所まで来ています(2017年6月14日時点で25連勝中)。

将棋界のスーパースター羽生善治棋士でも最多は22連勝です。そう考えると25連勝中の藤井四段は相当に難しい記録を更新しつづけていると言えます。

今注目の最多連勝記録は一体どんな棋士が打ち立てたのでしょうか。

最多連勝記録は一体どんな棋士?

その棋士の名前は神谷広志八段です。28連勝というとてつもない記録を保持しています。自身でも「なぜそこまで勝てたか不思議」と振り返るほど神がかった記録と言えます。

連勝記録がスタートしたのは1987年の2月10日から。C級1組の順位戦から連勝記録は始まり、6ヶ月後の8月17日に28連勝を達成しました。約半年間勝ち続けていたということになります。

連勝記録がストップしたのは王座戦1次予選3回戦。対戦相手は室岡克彦棋士でした。

神谷棋士は19歳でプロデビュー。現在はC級2組。棋風はオールラウンドで様々な戦法で勝負することができます。また、変化の多い局面でも読みが鋭く、強気な棋風でもあります。

ジブリが好きで、批評したことがあるという意外な一面もあります。

藤井四段の活躍についても言及しており、才能を高く評価した上で自分の記録も抜いていくだろうと予言しています。

連勝記録はトップ棋士になってからでは難しい!?

連勝記録を調べていて気がついたことは、記録を打ち立てることができたのは低段だった時期ということです。段位が上がっていくと、レベルが高い棋士との対局も増え、中々勝つことが難しくなっていきます。

プロ野球でも毎年強いチーム、弱いチームははっきり別れますが、28連勝という記録は聞いたことがありません。いくら戦力差が開いていても、「勝ち続けることができる」ということはかなりの力の差があってこそ可能だということです。

例えるならプロ野球チームが高校の野球部チームと練習試合をし続けるようなものでしょうか。そういった戦力差が無いと勝ち続けることは難しいです。

連勝記録を打ち立てるというのは、本人の圧倒的な実力はもちろん、対戦相手の組み合わせや時期などの運の要素も必須になってきそうですね。

PR

PR

-ニュース

管理人

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FFRKを引退した理由。2週間後に復帰した理由。

2017年9月に3周年を迎えるFFRK。リリース直後にこのアプリを発見したときから、ずっとプレイしてきましたが、5月中旬に嫌気が差して引退しました。 引退した理由と2週間後に再開した理由を書きます。 …

FFRKレポート 〜第23回〜 イベントはX,TA,Ⅸ。その他所持枠拡張など盛り沢山!

6月12日に第23回FFRKレポートが公開されました。 目次1 レポートざっくりまとめ1.1 イベント1.2 ナイトメア1.3 各種所持枠拡張1.4 その他2 感想2.1 イベントについて2.2 ナイ …

6月11日(日) 西武 vs DeNA 試合結果 ヒーローインタビュー

○西武 1 – 0 DeNA● メットライフ 西武はここまで5勝(1敗)を挙げているウルフ、DeNAはプロ2年目でここまで3勝(4敗)を挙げている今永。 両投手が好投を続ける中、序盤はスコ …

藤井聡太四段が29連勝で歴代連勝記録更新!気になる昼食はスタミナがつくあの料理!【将棋】

史上最年少でデビュー以来、破竹の勢いで勝ち続けていた藤井聡太四段。本日ついに29連勝を達成し、連勝記録を30年ぶりに更新しました。 目次1 29連勝を達成した一日1.1 気になる昼食は?1.2 11時 …